ブランドにこだわるよりも

ブランドにこだわるよりも

ブランドにこだわるよりも 私は昔からブランドに対する執着みたいなものはありませんでした。もちろん、お金がたくさんあればブランド品でも気に入れば躊躇なく買っていたかもしれませんが、お金に余裕があるわけでもないのでそういうわけにもいきません。またお金を貯めてまで欲しいと思えるブランド品もなく、むしろ安くて自分が好きなデザインのものを見つけるのが好きです。それで周囲から少しでもおしゃれだなと思われたら、さらに嬉しいなと思います。今の時代、安くてもいいものはたくさん溢れています。

ブランド品のように、金額は高くなりがちだけど長く使えるというのもいいと思います。安いものだとすぐ壊れたり破けたりしがちですが、安いからたくさんの服やアクセサリーを楽しめるし、チャレンジしたことがないテイストにも挑戦してみようかなという気持ちも湧きます。また誰にでも手に入りやすいアイテムを使いこなすという方が、親近感が沸くし、友達間でも真似してみようと思えるはずです。安いといえばケチとも思われるかもしれませんが、むしろ浪費をしないわけだし、見栄を張るわけでもないため、限られた資金の中でうまくやりくり出来る価値観があるのだと思います。安いものを身につけているのを恥ずかしがるのではなく、安くても自分が気に入ったものを身につけ、おしゃれを楽しんでいると思った方がいいと思います。
Copyright (C)2022ブランドにこだわるよりも.All rights reserved.